menu

12.02.11

category

comments

1

trackbacks

0

permalink

Time spans of UX

最近いろいろなところで UX の重要性について語られることが多いのだけど、UX の意味ってすごく広い。
UX をどう捉えるかによってデザインされたアウトプットも変わってくるはずだと思うので、定義を正しく捉えることってとっても大切。そこで、自分がUX について考えてきた過程を少し書いてみることにしました。

◆UX の定義

自分は UI デザイナーという立場から UX というものに出会いました。
最初の自分の UX の定義は「UI の使い心地、ユーザビリティ」や「インタラクション・ビジュアルデザイン」を通じたユーザ体験という感じだったんです。UI Oriented という感じです。

ところが2011年から参加している AIIT の Human Centered Design の履修プログラムで出会った Web サービス系のデザイナーさんや SIer さん達と話をするうちに UX の定義が自分のものと何か根底から違っていることに気がついたのです。
いや、正確にいうと定義というよりも「UX で最も重要視していること」なのかな。
サービス系の人たちは UX =「サービスを使う過程のユーザ体験、サービスを利用することで成し得た体験」、UXD(UX Design)≒「サービスデザイン」といった割と大きな視点で UXを捉えているのです。この捉え方を Service Oriented と勝手に命名。
こちらのほうが世間一般に言われている UX に近い気もします。

両方ともたしかに UX だと考えられるんだけど... というわけで自分のなかに異なる UX の定義が同居することになりました。
この2つの関係性はどうなってるのか、はたまたこれ以外の定義が存在するのか。
自分のなかに疑問が生まれたのです。

◆UX白書(User Experience White Paper)に出会う

ユーザビリティや HCD に関する勉強会「新横浜ユーザビリティ研究会」というのがあります。自分は第3回あたりからずっと参加しているのだけど、その第6回に HCD Value(HCDの実践をコンセプトとしたコミュニティ)の方々が行ったセッションでこの疑問を解決する糸口を得ることになります。

セッションの内容は UX白書(User Experience White Paper)という 2010年に Dagstul セミナーで議論された「ユーザエクスペリエンスの概念」についてまとめた宣言文を HCD Value が翻訳し、その概要について報告をするというものでした。

その UX 白書のなかに「TIME SPANS OF USER EXPERIENCE」というのがあって、そこに解説とともにこんな図があったのです。

timespans-of-UX.png

自分の理解しているレベルで説明すると

Anticipated UX : 
プロダクトを使う前のUX。プロダクトを使うことでできることを"ユーザが想像する"体験。
>ブランドイメージや販売促進戦略などをデザインすることでよりよいUXを提供できると思う。

Momentary UX:
プロダクトを使っている最中のUX。使い心地や効率性の体験。
>ユーザビリティやインタラクションをよりよくデザインすることが重要。自分の最初に考えていたUXの定義はこれだったのか...

Episodic UX:
使用後のUX。プロダクトを使って成し遂げたことを振り返って感じる体験。
>サービスやアプリケーション設計をきちんとデザインすることでユーザの要求を満たすことができる。要求以上のことを提供できれば、それはすばらしい体験につながる。Service Oriented はこのあたりと次の Cumlative を合わせた感じなのかな...

Cumulative UX:
上記3つの体験をあわせた全体から感じる体験。
>よいUXを提供することがユーザの満足感やエンゲージメント(愛着)につながるのではないか。

このように "UX は Time Span ごとに捉えることができるのだ" と考えると、自分のなかの UX の定義に対する疑問がすうっと消化されました。ただ、UX 白書に出会ったのが8月で AIIT に通い出したのが 10月からですから、ピーンとくるのに大分時間がかかってますけどね。さらに自分が認識していた2つの UX に加えて Anticipated と Cumulative というもう2つの UX があることがわかりました。

◆全ての Time Span で UX をデザインする

自分が UI Oriented や Service Oriented と思っていた UX は実は Cumulative UX という全体の体験の一部に過ぎなかったわけです。
それまでに自分がデザインしたプロダクトを振り返ると、理解できていなかった UX へのケアが不足しているのがわかって、己の未熟さにしょんぼりしたりしましたが、同時に UX を Time Span でセグメントすることでよりよい UX を提供するにはどのような方策を取ればいいか、という改善点を容易に見つけることができたのは、この概念を知ることができたからこそだと思っています。

◆まとめ

正直自分は勉強嫌いだし、理論よりも実践してなんぼと思っているタイプなのだけど、こういうことがあると勉強も大事だよねえ、と思わざるをえないです。クライアントワークでこの4つの UX にフルコミットできるのってなかなかないケースだとは思うけど、こんど自分でアプリを出すときにはこれを意識しながらプランをつくっていこうと思うのでありました。

関連リンク:
新横浜ユーザビリティ研究会:http://asanoken.jugem.jp/?cid=23
HCD Value:http://site.hcdvalue.org/
User Experience White Paper:http://www.allaboutux.org/uxwhitepaper




add your comment

Name
Mail
URL

comments

難しいことやってるね。経験から感情がうまれて、4つの経験で統一して生まれる感情がコンセプトというやつのような気がしています。難しすぎてわからなくなるけど、たぶんそんな気がする。

みや〜ん | Feb 12, 2012

up down

comments


up down